子供のアトピー治療にプロポリス

カルシウム不足もアトピーの原因の一つ!

 

カルシウム不足!がアトピーの原因の一つになるということをご存知でしょうか?

 

神経細胞はカルシウム電流により、神経情報を伝達します。

 

つまりカルシウムが不足することは、情報伝達の部分で、異常な反応が発生する可能性をはらむことになります。

 

これは免疫システムにおいても影響がでるものです。

 

カルシウムが不足している場合、情報伝達に問題が発生します。

 

そして、免疫機能側で、本来害がないものまで、害がある!という情報が間違って届き、攻撃を開始してしまうのです。

 

特に幼児期におけるアレルギーなどは、この情報伝達齟齬(そご)の 典型と言われるものになります。

 

体内に侵入した異物が何であるのか・・
それを神経細胞がまず認識します。

 

そしてそれを免疫システムに伝達します。

 

この時のエラー発生の可能性は、カルシウムの不足によって跳ね上がるというわけなのです。

 

「異物」なのか「食物」なのか・・正確に伝達できないので、
なんでもかんでも異物として免疫システム側が攻撃を始めれば、それは体の炎症反応などとして現れてきます。

 

これが、アトピーとして発症することもあると言うわけです。

 

つまり、カルシウム不足も十分にアトピーの原因となるものであり、
アトピー改善の為には、カルシウムをしっかりと摂取することが大切であると言えます。