子供のアトピー治療にプロポリス

子供をアトピーから守るには!

 

子供のアトピーは主に食物アレルギーによって発症します。

 

また乳幼児の場合は、まだ食物に対する過剰な免疫反応からアトピーとなる例が多く、
体が成長していくに従い、症状がなくなることが多いと言われます。

 

乳幼児の皮膚は未完成であり、皮膚バリアの機能も不完全です。

 

外部からの刺激にも弱く、湿疹が多くなります。

 

その為、その湿疹をアトピーと勘違いしてしまうケースもあるのです。

 

また、子供(特に乳幼児)は我慢しませんので、痒ければ掻きます。

 

掻きまくることで、アトピーの症状が悪化し、
感染症を併発する可能性もありますので、
母親は常に注意を怠らないことが肝心です。

 

痒がっているような場合は掻かずに、“冷やしてあげる”などの対策をしましょう。

 

また乾燥する冬の場合は、“保湿対策”をしっかりしてあげることが大切です。

 

そして小さな子供の場合のアトピーは、皮膚科、小児科どちらで受診するか迷うところです。

 

乳幼児の場合は、その他のケースなども考え、乳幼児専門の小児科を選択する方が良いと思います。

 

小さな子供の皮膚バリアは機能が未完成です。

 

着せてあげるものも刺激の多い化学繊維は避けて、刺激の少ない自然素材を選んであげることを心がけましょう。

 

アトピーではなくとも、小さな子供の皮膚は非常にデリケートなのです。