子供のアトピー治療にプロポリス

腸内細菌とアトピーの関係について

 

アトピーの原因はアレルギーとされています。

 

食物アレルギーやダニ、ハウスダスト、水道の塩素などの生活環境の中の物質もアレルギー原因物質になります。

 

乳児期には、腸内に細菌は殆ど存在しません。

 

これがその後の授乳や離乳食の摂取などにより、乳児の腸内に“腸内菌”が増えてくることになるのです。

 

正常であれば、善玉菌、悪玉菌のバランスがとれた状態で成長をしていきます。

 

しかし、この腸内細菌のバランスが崩れると、問題を引き起こします。

 

悪玉菌の数が増えれば毒素や発がん性物質を発し様々な病気を引き起こします。

 

特に“ニトロソアミン”や“トリプトファン代謝物”が増えることは、アトピー性皮膚炎やガンの原因となります。

 

善玉菌の代表が“ビフィズス菌”と言われる腸内細菌です。

 

この腸内細菌のバランスが、食事や衛生面といった生活習慣の変化とともに少しずつ崩れていくことが考えられています。

 

アトピーの原因に関しては様々な説がありますが、現在の生活習慣が、人間にとって本当に正しいのかどうかは深い問題です。

 

ただ、アトピーに関しては、生活習慣を含めて自分を見つめ、色々な対策を考えていくことです。

 

アトピーの原因は不明ですが、克服できない病気ではありません。