子供のアトピー治療にプロポリス

アトピーの語源は「わからない」!?

 

アトピーの語源についてです。

 

実はこれ「わからない」という意味のギリシャ語「アトポス」が語源なのです。

 

要するに原因不明!
何かよく分からない原因で皮膚病になっているものは、“アトピー性皮膚炎”ということになるのです。

 

アトピーでは、ほぼ例外なくアトピー性皮膚炎として発症します。

 

以前の学説では、アトピー性皮膚炎はその原因を“先天性なもの”とされていました。

 

しかし、現在では、“外部環境の影響も大きい”と考えられています。

 

アトピー性皮膚炎の症状は、痒みの伴う発疹の皮膚疾患です。

 

痒みは蕁麻疹(じんましん)の様な感じです。

 

アトピーが発症する年齢は、5歳以下の乳幼児期に多いと言われ、学齢に達するころにはだいたい完治すると言われていましたが、最近では成人後の再発や発症といった傾向も増えています。

 

アレルギー症状としてアトピーをみたときに、それは即時性と遅延性の 性質が複雑に関係していると言われています。

 

アトピーの原因は不明と言われますが、途上国において、近代化による生活の変化が起こると、発症例が増えるという報告もあり、このことからも、“環境に原因があるのではないか”との説も近年では有力になってきました。

 

「アトピー」の名前の由来を説明するとき、
「昔は原因が分からないという意味で名前がついたのだよ」
と話せる時代がくればいいですね。